品質の妥協という高い買い物

SMAは太陽光発電システム技術の国際的リーダーです。確かな技術とイノベーションの実力、35年の経験をもって、未来のエネルギー供給を形作ることをミッションとしています。

私たちにとって、品質と安全性は決して妥協できないものです。なぜならお客様のプロジェクトに対して最高の効率を持続させるのは、最終的にこの2つに他ならないからです。当社はこの約束を守るために、自社製品および他社製品の性能を、認可を受けた自社試験センターで常にテストしています。

以下は、当社の研究からわかった重要点です。ぜひお読みください。

clear sky
理解されるべき5つの事実
SMAの試験で明らかになったのは、太陽光発電システムに安価なインバータを使用することには代償があり、概して結局は高くつくということです。例えば、平常の温度における電気出力の損失、維持費の上昇、粗悪な温度管理によるコンポーネントの寿命損失、ITセキュリティ問題のほか、法律上の問題までもが挙げられます。

Too passive cooling

受動冷却の
落とし穴

受動冷却は、コンポーネントの寿命を75%も縮めます。
続きを読む
Poor DC:AC ratio

過積載率が不適切

過積載率100%は、コスト上昇を招きます。
続きを読む
Illegal EMI

違法の電磁波妨害を発生

安価なインバータの中には、違法に当たる電磁波妨害を発生するものがあります。
続きを読む
Power Loss

日光で電力を損失

安価なインバータは、平常の温度でも出力が減少します。
続きを読む
Server Reliability

サーバ制御不能のリスク

クラウドマネジメントシステムには、セキュリティリスクが極めて高いものが存在します。
続きを読む
研究所の世界 –世界トップレベルの専門家を有する
SMA試験センター
SMA試験センターのスタッフには、極めて高い要求が課されています。SMAのソーラーインバータは、技術において市場に出回る他製品の一歩先を行き、最低でも20年以上完璧に機能することが義務づけられています。そしてこれを、国、気候、接続電力ネットワークを問わず、達成しなければなりません。

このためにSMA試験センターの専門家は、インバータの寿命を高速でシミュレートします。そのツールとなるのが、高い技術と独自のメソッドです。彼らは、普通の顧客なら決してしないようなことを行います。例えば、インバータをオーブンに入れたり、凍結したり、あるいは激しい動きをする機械に縛りつけたりもします。SMAインバータは、デスバレー(米国南西部の砂漠)から南極まで、100カ国以上で使用されています。同じような気候や環境の場所は、二つとないと言っても過言ではありません。さらに、電磁両立性(EMC)を確保するため、変化に飛んだ世界各地の送電網や法規制にも対応する必要があります。
当社はこのような傑出した設備により、米国の認証機関アンダーライターズ・ラボラトリーズ(UL)の厳しい試験を、自社で行うことが認められている数少ないメーカーのひとつとなっています。当社の専門家はその一人ひとりが、エンジニアリングとインバータの品質はもとより、太陽光発電産業全体を向上させるべく、日々励んでいます。

私たちの試験メソッドやツールについて、テストセンターのビデオをぜひご覧ください。きっと納得いただけることと存じます。
ご質問などございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。